プロ?

こんにちは。
久々のブログ更新です。

最近バタバタしております。

実は5月から韓国系通信社とスポーツ写真会社で契約カメラマンとして働く事になりました。
ちょっとしたご縁があり働かさせて頂く事になりました。

二つの掛け持ちはしんどいですが何とかなると思います。

捨てる神あれば拾う神ありとは正にこの事です。

とりあえずお金を頂いている以上一応「プロカメラマン」になった訳です。
ですが通信社で働くカメラマンなんてプロじゃないと言う方もいます。

だから自分のスタンスは「プロと言われればプロだしプロと言われなければプロじゃない」という何とも都合のいいスタンスをとっています(笑)

でも最近お世話になっている写真家の人から「僕の中では君はプロなんだよ」と言われて認められてような気がしてうれしかったです。

20歳の頃は「ドキュメンタリーだけで食べていくぞ!」と思っていましたがそれは凄く難しいです。

正直「ドキュメンタリー」というジャンルはこれからもっと厳しくなると思います。

取材にお金を掛けすぎて自分が破産したら何の意味もありませんから…



だからドキュメンタリーだけじゃなくて他の事も出来るようにしようと思い最近ではライティングを始めました。

凄く難しく奥が深いですが楽しく勉強しています。
たまに写真家さんがレクチャーしてくれます。

ユーティリティーカメラマンを目指そうと思います。


週刊誌の副編集長から「君は学歴がないから大手のマスコミは無理だから海外通信社に行きなさい。」と過去に言われた事がありました。

最初は何言ってんだと思いましたがその言葉意味がなんとなくですが今は少しわかります。


今はようやく走り出したかなと思います。

自分はもっと上手くなりたい。

そしてもっと上に行きたい。

などと思っていますがとりあえず今は「駆け出しカメラマン」として頑張ります。

では、また!
[PR]
by sakakibara1987 | 2010-06-06 22:56
<< 覚悟。 きっかけ。2 「ある写真家との... >>